Home > コンソーシアム > 名古屋大学 > 名古屋大学ビジネス日本語講座一覧 > 【オンライン】ビジネスコミュニケーションのための日本語(2021年3月)

【オンライン】ビジネスコミュニケーションのための日本語(2021年3月)
Japanese skills for business comunication

ビジネスの場では、多様な背景をもつ人々と協力し合って課題を解決する能力が求められます。このコースでは、「ケース学習」の手法を使い、「指示の仕方」や「報・連・相」をめぐって職場で実際に生じたトラブルケースを取り上げ、話し合いによる課題解決のプロセスを経験します。
その経験を通して、ビジネスを円滑に遂行できる日本語力をつけることを目指しましょう。
※この講義は2日間の集中講義です。原則すべての講義に参加してください。

講座スケジュール
Schedule

3月29日(月) 8:45~10:15 ビジネスコミュニケーションに必要な日本語力とは何か
自己の日本語力の課題分析と改善目標の設定
3月29日(月) 10:30~12:00 「ケース学習」
(1)・手法の理解
・CASE01の実践(内容を理解、タスクシート記入)
3月29日(月) 13:00~14:30 「ケース学習」
(2)・CASE01の実践(グループ討論と全体共有)
・CASE01の実践(振り返りレポートの作成)
3月30日(火) 8:45~10:15 「ケース学習」
(3)・CASE01の実践(レポートに関するフィードバック)
・CASE04の実践(内容理解、タスクシート記入)
3月30日(火) 10:30~12:00 「ケース学習」
(4)・CASE04の実践(グループ討論と全体共有)
・CASE04の実践(振り返りレポートの作成)
3月30日(火) 13:00~14:30 「ケース学習」
(5)・CASE04の実践(振り返りに関するフィードバック)
改善目標の達成度チェック

申込期限
Application deadline

2021年3月25日(木)

会場
Venue

オンライン

定員
Capacity

25名
※定員に達した場合、早期に申込みを締め切る、または選考を行う場合があります。

対象
Eligible students

日本での就職を”強く”望む全コンソーシアム参画大学留学生
全講義日本語で行われるため、JLPT N2レベル以上の日本語能力を保持している学生を対象とします。

備考
Note

日本語普及協会から講師を招き、2日間の集中講義で行います。基本的に講義はすべて日本語で行われますので、中級以上の日本語レベルを保持していることが望ましいです。(このコースはエクストラカリキュラムです。)
※この講義は2日間の集中講義です。原則すべての講義に参加してください。
※参加できない場合は必ずinfo-iscsp@adm.nagoya-u.ac.jpまでご連絡ください。



<ポイント付与基準>全講座(3月29日30日、全6コマ)出席で1ポイントを付与とする。